体験入店可能な風俗店なので初心者でも安心して応募可能

入店後のトラブルを避けるために、体験入店は大切です

体験入店すれば必ず採用される?

思っていた事と全く違う

「体験入店してみたら、体験する前に想像していたことと全く違っていた」
想像と現実とが違うのは当たり前のことです。
お仕事の内容が、想像と実際の違いをまさに体験することが肝心です。
だからこそ、体験入店が必要なのです。
中には想像していたより難しくなかった事もあるかもしれません。
そう言った体験入店後のプラス印象が、多くを占めていれば、あなたはそのお仕事に向いているかもしれません。
反対に印象があまり良くなかった場合は、お店の人と良く相談しましょう。
お店の人が、お客様の不快行動時の心情や、良くなかった印象の原因を話してくれるでしょう。
その話をしっかり聞いて、納得できれば、入店後のお仕事もうまくこなすことが出来るでしょうし、まさにそういう経験が「体験入店」の意味です。

風俗店なら必ず体験入店があります

今まで記載してきたように、せっかくの貴重な体験入店を生かしましょう。
事前の不安や心配事(給与もらえるの?怖い先輩・同僚やスタッフはいないかなぁ、お客様はどんな方がいるの?等々)を確認することができます。
特に好みや趣味と言った、理屈ではどうにもならない、内容についてはしっかり確認しましょう。
感情の問題は後々になって、徐々に「嫌」な思いが溜まってきます。
金額や時期の様に明確に決まっている内容ならお店もあなたも納得できます。
感情問題はなかなか解決できません。
体験入店して嫌なことを我慢しなければならない場合は十分気を着けましょう。
少しの間の我慢で対応できそうなら、入店も良いでしょう。
時にはそれが理由で、入店を断っても構いません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る